モースさんありがとう

モースさんの出身地「ポーランド市」と「品川区」は姉妹都市

 

モースさん。「進化論の観点から腕足動物に注目し、1877年(明治10年)6月、その種類の多い日本に私費で渡ったと言われています。じつはモースさんの出身地「ポーランド市」と「品川区」は姉妹都市になっています。
 

きれいに整備された園内。
 

入り口の塀が特徴的で、貝塚だけにお魚をモチーフにしていると思われる。
 


水蒸気噴出!夏場はとても涼しい子供達には最高の遊び場だろう。
 

トイレのデザインも遺跡をモチーフとしている。
 

当時の住まいの様子。ワンルーム、、バストイレ無しである。

縄文時代の食事。カロリーの40%は植物性のものから摂っていたらしい。
 

大森貝塚碑は線路のすぐ横にあり、電車の中から見ることができる。
 

貝をイメージ?貝塚の階層模型。
 

後ろが京浜東北線の線路。縄文時代はこのあたりが海岸線だったようだ。
 

京浜東北線下の通路。ここにも貝殻が展示されている。青い照明でライトアップされており、おしゃれな感じに。青色照明は生理的な鎮静作用があり、犯罪の抑止効果を期待して設置したとのこと。効果は定かではないが、照明の色を変えるだけで、暗い通路の雰囲気がなくなり、女性も通りやすい道となっているようです。
 

縄文時代の生活を再現した壁画。出土品をイラスト付で解説。石器のうんちく。当時の人たちがこれらを何のために、どうやって使っていたかを推測するのが、考古学の楽しいところ、多分。
 

モースさん、日本に興味を持ってくれてありがとうございます。
以上です。

〒140-0011 東京都品川区東大井3-28-8
TEL:03-5767-7233(代表)
FAX:03-3766-7285

センチュリー21の加盟店は、すべて独立自営です
Copyright signup-co.jp. All Rights Reserved.